MENU

アイフルの審査を受ける前に知っておこう

アイフルで借入をしたいという人は、まず最初に「1秒診断」で自分が審査に通ることができるかどうかをチェックしてみることをおすすめします。実際の審査とは違い、「年齢」、「雇用形態」、「年収」、そして「他社借入金額」の4項目から大まかに判断するだけなのですが、ここでまずは申込をする意味があるかどうかを簡単に確かめることができます。もし「1秒診断」で問題がないようであれば、次はどのローンで借入をするかを選びます。アイフルでは豊富な商品を取りそろえているので、しっかりと自分の希望に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

自分にとってもっとも得になる商品内容はどれなのか?

 

どのローンを選ぶかによって、借入のしやすさや返済コストなども大きく関わってくるので、慎重に決めましょう。また、ローンによって必要となる書類も変わってくるので、その点についてもあらかじめよく確認しておきましょう。

 

アイフルはローンの種類によってそれぞれ申込条件が違う

 

アイフルには、さまざまなサービス内容の商品が用意されています。どれを選ぶかによって、それぞれ申込の条件も変わってくるので気をつけてください。たとえば、アイフルの基本的な利用条件では20〜69歳の方が対象となっていて、未成年や70歳以上の人は利用することができません。しかし、「ファーストプレミアム・カードローン」になると、その範囲はさらに23〜59歳と限定されてくるのです。このように、ローンの種類によっては申込の時点でお断りされる場合もあるので、まずは利用条件などをしっかり確かめておくようにしましょう。

 

アイフルに申込をするにはどのような方法があるのか?

 

アイフルへの申込は、インターネットを利用することでとても簡単に済ませることができます。パソコンやスマートフォンさえあれば、いつでもどこからでもデータを入力するだけで、審査を受けることができるのです。審査を通ったあとは、個人証明書などの書類を提出すれば、それで手続きは完了です。わざわざ店舗などに出向くこともなく、わずかな時間で借入まで進めることができるので、仕事でなかなか手が離せないという人や、即日融資を考えている人にはインターネットでの申込がおすすめです。ただし、冠婚葬祭や医療費などに用途を限定した「目的別ローン」では、インターネットでの申込はあつかっていません。有人店の窓口か、あるいは電話での相談が必要となりますので気をつけてください。

 

アイフルの申込で求められる書類にはどのようなものがある?

 

アイフルで申し込みをするには、かならず本人であることを証明する書類が必要になります。たとえば、運転免許証やパスポート、健康保険証などの写しを用意しておいてください。外国籍であれば、特別永住者証明書や在留カードなどを利用できます。もしも最近引っ越して、書類の住所が現住所と違っているときには、住民票の写しや印鑑証明書、あるいは公共料金の領収書なども必要となります。また、借入希望額が50万円を超える、あるいはほかの金融機関からの融資と合わせて100万円を超える場合には、源泉徴収票や確定申告書などのように、自分の所得を証明する書類もそろえておかなければいけません。さらに、これらに加えて「目的別ローン」を利用するときには、その用途を証明するための領収書や請求書、見積書といった書類の提出も求められることがあります。いざというときにあわてないように、自分が希望するローンの条件を公式サイトなどで確認しておいて、あらかじめ必要な書類の準備をしておくと、よりスムーズな契約を行うことができるようになります。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル