MENU

アイフルの利用限度額は低めの設定から始まる

アイフルで契約をするさいには、まず最初に利用限度額を決めることになります。利用限度額は各社によってそれぞれ違いますが、貸金業法で決められた総量規制によって、消費者金融では年収の3分の1までしか借入ができないことになっているので、それを超えることはありません。ただし、初めから総量規制に近づくような利用限度額になることは基本的にありません。アイフルではまず、10万円単位で50万円くらいまでの設定になるでしょう。かなり少ないように思えるかもしれませんが、基本的に消費者金融では利用者にどれだけの返済能力があるのかを重視しているので、まだ一度も支払いを行ったことのない利用者に対しては、どうしてもこのような低めの設定となってしまうのです。

 

アイフルでは最大でも500万円までの借入しかできない

 

アイフルで借入できる最大の金額は500万円までとなっています。つまり、どれだけ収入が多かったとしても、これ以上の希望額が認められることは絶対にありません。もちろん、最大利用限度である500万円が認められるためには、ほとんどの条件をほぼ満点に近い形でクリアすることが前提となります。実際のケースでは、この半分の250万円であっても、そう簡単に認められることはないようです。初めてアイフルを利用する場合には、だいたい50万円くらいの限度額となることが一般的です。もしも最初からそれ以上の金額を借入したいと希望するときは、自分の年収を証明するための書類などが求められることもあるので、用意しておくようにしましょう。

 

しっかり返済をしていけば利用限度額のアップが認められる

 

アイフルでは、最初に決められた利用限度額をあとから増額してもらうこともできます。それを認めてもらうために必要なのが、アイフルでの利用実績です。実際にアイフルで借入を行い、しっかり期日を守って返済していけば、この利用者には信用性があると判断されることになるわけです。もちろん、支払いの延滞などがあれば、増額をすることはかなり難しくなるでしょう。もしも延滞をしてしまった場合には、最低でも6ヶ月くらいは増額の申請はしないでおくようにしましょう。支払いは計画的に、かならず期日を守って行っていくよう気をつけましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル