MENU

アイフルの審査に通りにくくなるマイナスポイントとは

これはアイフルだけではなく、すべてのカードローンやクレジットカードにもいえることですが、審査で大きなマイナスとなるのは、個人信用情報に返済の延滞などの事故情報があるときです。このようなデータは一度記録されると、各金融機関で共有されるので、どこに申込をしても断られる、ということになってしまいます。少なくとも半年くらいは情報が残ってしまうので、返済はなるべく遅れないようにしましょう。

 

審査で大きなマイナスとなるのは、以下のような条件があるときです。

 

  • 専業主婦で収入がない
  • 年金以外の収入がない
  • 無職で収入がない
  • 居住年数がまだ浅い
  • 勤続年数がまだ少ない
  • 勤務先の電話番号を間違えて記入した
  • 税込みでの年収がはっきりしない
  • 借入額をすべて合わせると年収の3分の1くらいになる
  • 過去の借入で返済を延滞したなどの事故情報がある
  • 現時点で3社以上からの融資を受けている
  • 短い期間で複数の会社に申込を行った

 

これにひとつでも当てはまる人は、アイフルで審査に通ることは難しくなってしまいます。また、「1秒診断」のような目安を確かめるだけのチェックならよいのですが、実際に申込を行って審査に通ることができないと、その情報も個人信用情報機関にデータとして登録されてしまうことになります。これも審査のうえでは大きなマイナスとなるので、初めから借入が難しそうな申込はやめておくようにしましょう。申込を行ったという情報は、いったん登録されると半年間はそのままデータが保持されることになります。

 

「1秒診断」で審査に通るか通らないかの目安が分かる

 

アイフルでは、審査に通るかどうかをあらかじめ簡単にチェックすることができる「1秒診断」というサービスを行っています。ここでは、「年齢」、「雇用形態」、「年収」、そして「他社借入金額」といった4つの基本的なデータだけを入力するだけで、だいたいの目安を知ることができます。基本的に、アイフルで借入を行うことができるのは、20〜69歳で収入が安定している人で、なおかつ、すべての借入額を合わせても年収の3分の1には満たない、という総量規制に引っかからないことが条件となります。「1秒診断」では、このようなポイントを即座に判断してくれるので、実際の審査で無駄な時間を取らなくても済むようになっています。

 

データはきちんと正確に記入する

 

アイフルで申込を行うときにもっとも気をつけておきたいことは、名前や生年月日などのデータをきちんと正しく記入する、ということです。自分の情報を間違えるようなことはめったにないと思うかもしれませんが、じつは審査に通らない理由として、名前や生年月日を間違えて記入してしまった、というケースはけっこう多いものです。特に、初めての借入を行うときには緊張しがちになるので、しっかりデータを確認しつつ記入して、最後にもう一度見なおすくらいの慎重さが必要です。

 

年収の金額をごまかそうとしない

 

アイフルを利用するためにもっとも重要なポイントは、収入が安定しているか、ということです。年収の金額によって利用限度額は変わってきますが、とにかく安定さえしていれば、審査に通らないということはまずありません。ただし、利用限度額を増やそうとして年収を多めに申告しても、アイフルでは過去の利用者のデータなどをしっかり照合しているので、かならず隠しとおすことはできません。嘘をついていたことが分かれば、当然審査に通ることも難しくなってしまうので、絶対に正しい年収を記入するようにしましょう。

 

他社からの借入がある場合は正直に申告する

 

アイフルでは、すでに他社から借入を行っている場合は、マイナスポイントとなります。それを知っていて、申込のさいに隠そうとする人もいますが、基本的にそのようなデータはすべて個人信用情報機関で照合することになるので、かならず知られてしまいます。嘘が分かれば、隠そうとしていた事実がよけいに大きなマイナスポイントとなってしまうので、絶対に隠すことなく正直に申告するようにしてください。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル