MENU

派遣社員やパート・アルバイトがアイフルを利用するには

アイフルは、20〜69歳で収入が安定していれば、どのような職業の方でも利用することができます。ただし、日や月によって大きく収入が変わってくるような、水商売や日雇いなどの職業では、安定しているとは言いがたいため、なかなか審査に通ることはできません。ただし、けっして門前払いというわけではなく、それ以外の条件でプラスがあれば利用できるケースもありえるようです。このように、アイフルでは幅広い層の利用者を受け入れているのが大きな特徴のひとつとなっています。

 

アイフルの審査は各項目を点数化して行われる

アイフルでは、職業や年収以外に、年齢や住居、家族構成、そして他社からの借入なども含め、さまざまなポイントがトータルで審査されることになります。その方式としては、各項目を点数化していくという形になるので、たとえひとつの項目でマイナスがあったとしても、それ以外で補うことができれば、借入は認められるということになります。申込を行うさいには、それぞれのチェック項目でしっかり点数をあたえてもらえるように、正しいデータを記入するようにしましょう。

 

申込のさいにはかならず正しい情報を記入する

 

データの記入は慎重に行わないと、たとえば住所や年齢に誤りがあったり、あるいは固定電話番号を記入し忘れるなどといったミスで、マイナスとなってしまうことがあります。もちろん、借入額を少しでも多くしようと年収を多めにしたり、他社からの借入をなかったことにするような嘘は、大きなマイナスポイントとなります。カードローンの審査というのは、利用者が本当に信用できるかどうかをチェックするためのものです。そこで嘘をつくということは、とにかく致命的なので絶対に避けるようにしてください。アイフルの審査では、コンピューターによる機械的なふるい分けのあとから、しっかり人の目によってチェックが行われるので、基本的に嘘は通用しないと考えておいてください。

 

アイフルの審査ではこれまでのローンの支払いがチェックされる

 

アイフルでは、審査のさいに利用者の個人信用情報を照合することになります。これは、過去に行ってきたさまざまなローンの支払いなどが、すべて情報として個人信用情報機関に登録されているものです。そこで延滞などの事故情報がある場合には、審査でマイナスとなってしまうのです。支払い以外にも、申込を行ったという事実も記録として残されることになるので、その情報があるうちは、あまりいくつもの金融機関に申込を行うことは避けるようにしましょう。たとえ本当は違うとしても、そのような行動は、よほどお金に困っているからだと判断されてしまうからです。そうなれば、もちろん審査は通りにくくなってしまいます。カードローンによっては、お試しで行うような審査でもそれに含まれることがあるので、注意してください。

 

ほかのローンで延滞をしているとアイフルの審査も通りにくくなる

 

個人信用情報に、カードローンやクレジットで支払いを延滞したという記録が残っている場合には、大きなマイナスポイントとなります。そこで引っかかると、いくらほかの条件をクリアしていても審査に通りにくくなってしまいます。そのような過去の延滞の記録は、だいたい半年くらいは個人信用情報機関に残されることになります。もしも延滞をしたという心当たりがある場合には、6ヶ月以上は様子を見て申込を行うようにしましょう。ただし、延滞を3ヶ月以上に渡って続けるといった悪質なケースでは、さらに5〜10年は記録が残ることになり、その間はどの金融機関の審査にも通ることができなくなってしまいます。これを俗に「ブラックリスト入り」といいます。このような事態にならなないためにも、かならず支払いは計画的に行うようにしましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル