MENU

アイフルを利用するときはあらかじめ返済のこともしっかり考えておく

アイフルの利用限度額は、最大で500万円までとなっています。借入額が高くなればなるほど金利は低く設定されるのですが、いきなり最初から100万円を超えるような希望額が認められることはまずありません。なぜかというと、初めての利用者はまだ実績がないため、アイフルとしても返済能力にどれだけ信用が置けるか判断できないためです。

 

借入額が少ないうちは、それほど金利が重荷になるようなことはないのですが、あまり返済が長引くようだと、その分だけどんどん負担が増えていってしまいます。アイフルを利用するときには、できるだけ早い返済を目指すようにしましょう。そのことが利用実績でもプラスとなり、借入額のアップも見込めるようになるのです。

 

返済を忘れないように口座振替を利用しよう

 

アイフルでは、返済にさまざまな方法を選ぶことができます。店舗やアイフルATMでの返済、口座振替や銀行振込、あるいはローソン、ファミリーマートでの支払い、さらに提携先のATMも利用することができます。なかでも便利なのが、返済忘れを防ぐことができる口座振替です。35日ごとの返済か、あるいは返済日を自由に指定することもできるので、給料日前などに設定しておけば、残高が足りずに支払いできなかった、という事態も防ぐことができるようになるでしょう。

 

余裕があるときはATMで繰り上げ返済や一括返済をしよう

 

ローソンやファミリーマートのATM、あるいはマルチメディア端末で返済をするさいには、毎回手数料を支払うことになります。料金は、1万円以下であれば108円、それを超えるときは216円となっています。このことを考えずにいると、結果的に利息より手数料のほうが高くなってしまった、という可能性もありえるので、できるだけ手数料のかからない口座振替を利用したほうがよいでしょう。もしも金銭的に余裕ができたときには、繰り上げ返済や一括返済をATMで行ってみるのも便利です。

 

アイフルの店舗やATMで返済すればコストを抑えられる

 

アイフルの店舗やATMで返済を行う場合には、手数料が無料になります。もしも利用しやすい地域にそれらがあれば、コストを抑えることができるのでとても便利です。ただし、店舗は全国で25軒、ATMも500台くらいしか設置されていないので、多くの人にとってはあまり便利とはいえないかもしれません。アイフルで借入を考えている人は、まずあらかじめ自宅や勤務先付近など、利用しやすい場所にそれらがあるかを確かめておいたほうがよいかもしれません。設置場所などは、アイフルの公式サイトで調べればすぐに分かります。アイフルはインターネットバンキングでの返済ができないので、このように自分にとってもっとも便利な返済方法をしっかり確認しておくことが重要になります。

 

毎月の返済額が変わっていくことに注意

 

アイフルの返済は、残高によって毎月の返済額が変わっていく「残高スライド元利定額リボルビング方式」で行われます。毎月の返済額が決まっているわけではないので、その点はよくチェックしておきましょう。この方式では、基本的に残高が多ければ多いほど返済額も高くなり、残高が少なければ少ないほど返済額も低くなっていきます。そのため、最初のうちは5万円くらいの返済額だったのに、元本が減っていくことで3万円、1万円と徐々に減っていきます。ただし、返済額が低くなると元本も減りにくくなるので、繰り上げ返済などを利用して、一気に元本を減らす方法も考えておくようにしましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル