MENU

アイフルの金利や利用限度額はほかの消費者金融とくらべてどうなのか?

現在の大手消費者金融は、そのほとんどが銀行グループの一員となっています。たとえば、3大メガバンクのうち、三菱UFJフィナンシャル・グループにはアコム、三井住友フィナンシャルグループにはプロミス、三井住友銀行グループにはモビットが属しているというような状況になっています。しかし、そのなかでただひとつ銀行グループの傘下には入らずに、独自のサービスを展開しつづけているのがアイフルなのです。

 

アイフルの金利は一般的な消費者金融レベル

 

アイフルの金利は、年4.5〜18.0%というように、それほどほかの消費者金融と大きく変わるわけではありません。初めてアイフルを利用するさいには、このなかでも最大の年利18.0%がまず設定されることになります。その点でいえば、プロミスでは最大金利が17.5%なので、多少なりともコストを抑えたい人はそちらを選ぶかもしれません。また、銀行系カードローンであれば、そのような消費者金融よりもさらに低い金利が設定されているので、それを利用する方法もあるでしょう。ただし、金利が低いということは、それだけ審査の基準も厳しくなっていると考えておかなければいけません。

 

アイフルの利用限度額は消費者金融のなかでもトップクラス

 

アイフルでは、最大で500万円までの借入を行うことができます。多くの消費者金融では、だいたい300〜500万円くらいが利用限度額の範囲なので、アイフルはそのなかでも、もっとも大きい設定となっています。といっても、最初からこれだけの限度額で利用できるようになるわけではありません。まずは、10〜20万円くらいの限度額でスタートすることがほとんどで、どれほど高くても、最初の申込ではまず50万円くらいの限度額が精いっぱいのようです。

 

利用限度額をアップする申請はいつでもできる

 

アイフルでは、最初の契約からいきなり高い利用限度額を設定することはできません。それでは、自分の希望額には合わないから使いづらい、そう考える方もいるかもしれません。ですが、アイフルではしばらく利用実績を積んでいけば、そのうち利用限度額もアップさせることができるようになります。もちろん、それを認めてもらうには、申込のときに行ったような審査をふたたび受ける必要があります。

 

借入と返済をしっかり行うことで利用限度額もアップできる

 

利用限度額をアップしてもらうためには、利用実績が必要です。では、具体的に利用実績とはどのようなものなのでしょうか。基本的には、借入したお金をしっかり滞りなく返済していれば、それが利用実績となります。アイフル側としては、利用者が本当に約束どおり返済してくれる能力があるのか、それを信用することができるのかを判断しているわけです。

 

もうひとつ、大事なポイントが年収です。

 

年収は、最初の申込でも重要な審査基準のひとつですが、そのときよりも金額がアップしていれば、それに合わせて、利用限度額を増やすことができるようになります。もちろん、まったく変化がないようであれば、増額は難しくなるでしょう。このような利用限度額のアップを希望するときは、公式サイトの会員サービスメニューやATMから申請することができます。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル